Casa株式会社

安心と高品質

Casaだから安心できる。
高品質な住宅へのこだわり。

全棟耐震等級3、構造計算実施

国が定める住宅性能表示制度における最高ランクの「耐震等級3」に相当する設計・施工を行います。
また、大半の木造住宅において提出義務のない「構造計算書」も全棟作成します。
大切な財産である住まいをしっかり守り、安心で快適な暮らしを末永く実現するため、
私たちはCasaは「当たり前以上」の安全にこだわり続けます。

住宅性能表示基準の耐震等級

  • 耐震等級1 建築基準法レベルです(震度6〜7の地震でも倒壊しない程度)。一般の住宅の耐震性能です。
  • 耐震等級2 建築基準法レベルの1.25倍です。病院や学校等の耐震性能です。
  • 耐震等級3 建築基準法レベルの1.5倍です。消防署や警察等の防災拠点となる建物と同程度の耐震性能です。

構造計算

骨組み・壁・設備などの重さ、家具や住む人の重さ、そして地震 ・台風・雪などの力や重さなど、建物には様々な荷重がかかります。
これらをしっかりと考えて、より安全な部材を使用するために行う計算です。

特許工法「APS工法」を採用

工法の特色

  • 気密性、断熱性について
    金属は熱を伝えやすいので、在来工法や金物工法では金物が結露を起こす可能性があります。
    結露が起きると錆やカビが発生し木材の腐れを誘発する危険性があります。
    APS工法は金物を木材の中に収めることで露出を少なくし、気密性の向上や金物による断熱性の低下を防ぎます。
  • 断面欠損が減り木の強度が活きる
    断面欠損が多くなるほど木材の強度は低下します。
    APS工法では断面欠損を減らして強度の低下を防ぎ、木本来の力を活かすことができます。

世界各国で特許を取得

APS工法は優れた技術が認められ、世界各国で特許を取得しています。


  • 日本
    特許番号 第4999618号

  • アメリカ合衆国
    特許申請中

  • ヨーロッパ連合
    特許番号 2228550

  • 中華人民共和国
    特許番号 ZL2009 0128731.3

安心の保証システム


基礎配筋例

国交省指定の検査機構による配筋検査
  • 瑕疵かし保険に加入しお客様を守ります
    万が一の不具合(瑕疵)に備えて新築住宅ごとの加入が義務付けられています。
    建築中に建築士による検査も行われます。
  • 地盤保証システムで地盤の安全性を確保します
    建築基準法に準じた地盤調査の結果を第三者が評価し、適格な基礎仕様をご提案すると共に不同沈下に対する責任を保証します。